🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

佐々木だんご店さま・ゆずみそかまやき

  にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ  

柚子と味噌の相性は最強ですね

 季節ですねぇ~♪岩手の郷土菓子!『かまやき』

 もちの上に細く刻んだ柚子の皮がセンスよく乗っています。この素敵なビジュアル!買わない訳には行きません。輪ゴムで止めたパックの隙間から既に柚子の香りを感じます。ツヤツヤの生地…切ると中から柚子みそが『とろ~ん』と溢れ出てきました。写真を撮る為に顔を近づけると柚子の良い香りがふわ~と鼻に入って来ます。コシのあるムキムキの生地に乗った柚子皮、香り豊かで滑らかな柚子みその風味たまりません。

夕食直前、一個だけのつもりが、ゆずの香りに誘惑され、あれよあれよ…と3個すべて完食してしまいました。

 今年の岩手は例年より厳しい寒さと雪です。ビタミン豊富な柚子と味噌の発酵パワーの固まり『ゆずみそかまやき』を食べて今年の冬は元気に過ごすこと間違いなしです。

1パック¥220はとてもお得です。味は価格の5倍の美味しさでした。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210202093647j:plain

 ☝柚子の皮の乗せ方がとても素敵です。センスが凄く高いです。

柚子ついて調べてみる

 柚子と聞いて最初に浮かぶのは冬至に『柚子湯に入ると風邪をひかない』というイメージ、次に出てくるのは焼き魚に絞って食べる…七味唐辛子に入っている柚子の皮...、あとは柚子のお菓子と柚子茶くらいという貧相な僕の知識。

 折角なのでサラッと調べてみた。

 中国の揚子江上流が原産とされ、日本の歴史書の中では飛鳥時代奈良時代には栽培されていたようです。ミカン属の中で最も寒さに強く柑橘類の中で病気に強く栽培に手間がかからない果物です。

昭和40年代まで埼玉県が日本一の生産県だったのですが、その後高地・徳島・愛媛の収穫が増え、今では四国が日本の約8割を生産しています。生産量・消費量共に日本が世界一というのは凄いです。

 感心するのは柚子の効能、喉の渇きを潤す成分が入っており、果汁駅にはコレラ菌や腸チフス菌に対する制菌作用も報告されています。ビタミンCはみかんの4倍含まれているという優れものです。

冬至に柚子湯に入るのは、血行を促進し風邪の予防をはじめ、冷え症・肩こり・痛風・腰痛・神経痛を緩和させる効果があります。また、酒飲みには朗報、二日酔い・嘔吐、魚やカニの食中毒にも薬効があると言われています。

 更に柚子の種子から採った油は、メラニンの抑制やアレルギー鼻炎の緩和があるという研究報告もあります。

ざっと、wikipediaを斜め読みして書いてみました。

柚子の季語は俳句においては秋、花は夏の季語になります。柚子湯は冬の季語になります。四季の中で3回季語になれるのはそれだけ日本人に親しみと生活の中で貴重な果物である為だと感じます。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210202093849j:plain

☝生地の中からたら~んと出てくる柚子みそ、たまりません!

 

佐々木だんご店さま

 岩手県矢巾町にあるショッピングセンターアルコにて購入させて頂きました。これまでいくつかのお菓子を美味しく食べさせていただいております。僕の友人が小さい頃から食べなれた味、『是非食べてみて』と勧められたお菓子です。直営店はなく、お米のプロである精米所さんのお嫁さん?娘さん?が昔ならの味を今に引き継いでいます。手書きのPOPがとても癒されるデザインです。

 アルコは東北本線矢巾駅からすぐ、盛岡駅から3つ目の駅です。岩手医大があり開発著しい矢巾町、大きなビジネスホテルも2つ開業しました。大学の学生寮もあり住宅やアパートが次々建っています。大学病院が完成した事で、近くの高速道路にはETCの出入り口が出来ました。主要駅以外の東北本線の駅では珍しいエスカレーターがあるのも病院を訪れるご年配の方への配慮だと思います。このアルコの隣にはホームセンターやスーパー、書店、酒販店もあります。小学校、中学校、高校もあり、子育て世代から老後を安心して過ごせる街だと思います。僕が中学校の頃まで何も無かった矢巾町、ほんの数十年で町の姿って変わりますね。若い世代が多い矢巾町、佐々木だんご店さんの餅だんごを特に医大生にたくさん食べて貰い、美味しい事と体に良い事を知って頂きたいですね。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210202094124j:plain

☝毎日何種類ものお菓子を作るのは大変です。手書きPOPがとても癒されます。

 

佐々木だんご店さま、ゆずみそかまやき美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 ショッピングモールアルコ:やはばちょう南矢幅第7地割425‐3

佐々木だんご店様のお菓子は産直店舗内にあります。

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。