🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

大正堂さま:がんづき

    にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ   

懐かしい味の固まりです

 ふわん!としながらドスン!と来るのががんづきの醍醐味!スポンジケーキとは明らかに違う素朴な力強さがあります。表面にまぶされた胡麻、そして刻まれたくるみ。モグモグ!と咀嚼するたびに『コリ!プチ!』と新たなアクセントが広がります。旨みとコクのワンダーランドです!。この旨みとコクの正体は黒糖…?いえいえ!『玉糖』でした…なるほどね。荒々しさの正体は『玉糖』でした。野性味ともいえるこの風味!これぞ『THE!がんづき』というど真ん中ストレートの美味しさでした!

玉糖の説明は下の項で…。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210211165952j:plain

☝見てください!この断面!これぞがんづきです!

 

玉糖って何?

 大正堂さまの職人技は勿論、素材の吟味って凄いとおもいます。頭の中の満足中枢を『ごい~ん!』と刺激した玉糖って別名赤砂糖の事です。黒糖と違うの?と思うかもしれません。僕の知識で説明するより、ネット上に良い解説がありましたので引用させて頂きます。

玉砂糖と「黒糖」の違いは?

玉砂糖と似たものに「黒糖」があります。
沖縄県を中心に生産されている黒糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めて濃縮し、冷却して固めたもののことを指します。玉砂糖と同様に含蜜糖の一種で、黒い色をしているのが特徴です。独特な風味と甘さを持ち、玉砂糖と同様に料理やお菓子に風味やコクをプラスすることができます。
製造工程はほぼ同じですが、玉砂糖が粗糖と糖蜜を原料とするのに対して、黒糖はサトウキビの汁のみで作るのが違いです。

 DELISH KITCHENより☟

delishkitchen.tv

 黒糖のようなお砂糖っていっぱいあります。赤佐藤(玉糖)もそうですし、黒糖のような加工黒糖や、きび糖…色々あり過ぎて訳が分かりません。以前関係先の原材料表示で、法律が変わったばっかりにある日突然黒糖でよかった表示が加工黒糖になったり…、この時は納得いかなかったけどお役所さんに始末書を書きました…。あ~あ~砂糖の表示のみならず、あれこれ法令が変わるたびに小さなメーカーが廃業していくような気がするのは気のせい?

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210211170021j:plain

☝大正堂さまのみならず、THEがんづきは県内に沢山残っています!

 

羨ましい素敵な後継者さん

 シュッとした四代目!白衣の下はジーンズです。マスクと帽子の間から見えた目は素敵に輝いていました。写真を撮らせて頂きたくお願いしましたが、暖簾の奥に隠れてしまいました。いつか全貌を撮ってみたいものです。若いからまだ恥ずかしいとおもいます。四代目には変な技術を身につけず、いつまでも昔ながらの味を伝えて頂きたいとおもいます。これから水沢で月に1度くらいお仕事をさせて頂く事になりそうです。大正堂さん後藤屋さん柳屋さん高美だんご店さん…他にも沢山素敵な和菓子屋さんがある欧州市水沢!登場する機会が増えるとおもいます。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210211170104j:plain

☝美味しいお菓子の数々、一気に食べたいですがじっくり時間をかけて食べます。

大正堂さま、がんづき美味しかったです。

ごちそうさまでした!

 

大正堂さまご住所:奥州市水沢羽田町駅前1丁目63番地

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。