🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

佐賀の銘菓:花ぼうろ

    にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ  

老舗北島さまの代表作

 毎年この季節になると、佐賀の老舗北島様から『お菓子詰め合わせ』を頂戴します。お気遣い感謝感激です。

『花ぼうろ』は北島様の代表作として全国に知れ渡っています。あんずの香り漂うジャムが、バターの効いた小麦生地に挟まれています。ふっくらした食感がたまりません。原材料表示を見ると一番最初にバターと記載され、贅沢に使っているのがわかります。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210903093922j:plain

☝見ているだけでヨダレが出てくる美味しさですね
 

感謝の気持ち

 食べる度に昔お伺いした時の佐賀での風景が蘇ります。良い食品を作る会にてお伺いしたのはまだ20代前半の頃、偶々会食の席で先代さまの隣に座らせて頂きました。緊張のあまり何をお話ししたのかはっきり覚えていませんが、若造の戯言を一生懸命笑顔で聞いていただいた様子は今でも忘れられません。今の僕は、あのような素晴らしい対応ができるだろうかと思うと自信が無いです。お酒も入っていればなおさら逆にくだらない事を押し付けるように語るかもしれません。北島様のお菓子を食べる度に、この間僕は進化したのだろうか...と自らを振り返る機会にさせて頂いています。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210903095103j:plain

☝変わらないデザイン、これぞ老舗の証だとおもいます。 

☟北島さまホームページ

shop.marubolo.com

 

北島さま、花ぼうろ美味しかったです。

ごちそうさまでした!

北島白山本店:佐賀市白山2丁目2-5

九州巡りをしてみたい

 初めて九州へ行ったのは19歳のクラブ合宿。歴史や名所への興味がない僕は、只々仲間との時間を楽しんでいたと思います。2回目は22歳の時でオートバイツーリングを楽しみました。別府までフェリーにのり、高崎山・湯布院・阿蘇山・高千穂峡・青島・えびの高原・桜島・開聞岳…こんな感じで回りました。その後小説や大河ドラマなどで九州への興味が沸いてきましたが出張で足早に行く程度でした。年齢とともに益々九州への興味が沸いてきましたが、今は行くきっかけがなくなってしまいました。あの時少し時間を作って回ればよかったと後悔するばかりです。妄想は膨らむばかり…、少し余裕ができたらじっくり2週間くらい時間をとって行ってみたいものです。

 

travel.rakuten.co.jp

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。