🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

号外も号外...あるアイスキャンディーの想い出

 

これを食べるために外出許可をもらう毎日

 先日近所(岩手県内)のローソンでこのアイスキャンディーを見つけた。『こ...これは!』

 2年前の秋、後縦靭帯骨化症という病の手術の後、やっと外出許可を貰えるようになって最初に行ったローソンで買い続けたもの。割と設備が整っていた病院の売店でしたが、毎日行くと飽きてくるし外の空気も吸いたくなる。手術前約10ヶ月酒を断ち、コンビニで缶ビールでも…と考えたが、せっかく我慢してきたのでアイスキャンディーとふりかけなどを買って帰った。ひと口…ひんやり広がる懐かしさと、病院食に慣らされた体に美味しさが広がり感動を覚えた。

 以来、以来毎日のように昼食のあと外出許可をもらってアイスキャンディーを食べた。外出届けには『外出理由』を書かなければならなかったが、『足腰強化の散歩』『書店』『日用品購入』などと書いた。少し歩いて麻布にある『本屋』にて、歴史小説をはじめ、退院後自分に何ができるかを考え関連する書籍なども購入した。

 入院前、入院中…自分の将来について大きな不安もあった。手術前には最悪の事態も想像してしまい興奮のあまり家族へ遺書的な物も買いてしまったのは今や笑い話である。

 病室でぼぉーっとしていると余り良い事を考えない。脳に糖分を注入してポジティブになろうと思いアイスキャンディーを毎日食べていた。ブログでも始めようかと考えたのもこの時、勿論お菓子に関する事では無く、後に作ったパイロット版はネガティブな内容になってしまい世に出す前に消した。

 そして始まったのが『大福だんごお菓子な毎日』なのです。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210923095626j:plain

☝どんなに寒い日でもお腹いっぱいの日でも見つけたら買ってしまいます。

 

なんとかなるさ…

 手術当日は誕生日。実際この頃のメンタルは『麻酔から覚めないで没するのも悪くない...』という状態。お昼前に始まった手術は5時間くらいで終わり、夜8時くらいに目が覚めた。寝ている間に数日前家族と夕飯を食べた時の夢をみた。娘が涙ながらに『死ぬ病気じゃないんだねよ...』と何度も念を押して聞いてきた。

 目が覚めて『誕生日の手術だから生まれ変わった日』と思う事にした。病室に持ち込んだ本は司馬遼太郎の歴史小説のみ。理由はメンタルを強化し負けないように意識武装しようという考えから...。司馬遼太郎には長編小説が多く、外出許可が出てからも続きを買って読んだ。

 退院してからは口に出せないけど色んな事が起った。最初のうちは闘おうと思ったが、今は闘うのは自分だけだと思っている。人と闘うと心がお互いに疲弊するだけなのだ。

 今でも薬と少量のアルコールが入ると意識無く不明の行動をとってしまう。酒と薬は一緒に飲まないほうが良いとつくづく反省を繰り返している。

 近所のローソンでアイスキャンディーを買って食べている時に2年間の出来事が走馬灯のように脳裏に浮かんだ。味の感覚は2年前と同じく美味しかった。だた、自分の意識のネガティブな部分だけが苦々しく感じてしまった。

今日は号外も号外...。詰まらない事を書いてしまいました。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210923103218j:plain

☝ひとかじりした後、感動のあまり写メした記念写真。

 手術から1週間後の写真。抜糸も済み、傷口が綺麗に縫われている事に驚いた。流石全国に名の知られた専門医だと感心しました。首の中には2㎝大のプレートが埋め込まれています。興味あるのは空港の金属探知機に反応するか否か?残念ながら、手術以来2年間飛行機に乗っていないのでまだ検証していない。ベルトのバックルでも鳴るくらいなので反応するかもしれません。

 

では、次回からはまたいつも通りのブログに戻します。