🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

長い名前の…スイートポテト

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

バターとサツマイモってベストパートナーですね

 朝の冷え込みが厳しくなり、特段用が無ければ出不精になる季節。コンビニで買ったスイートポテトと共にホットコーヒーを頂きました。『美味しいねぇ~』バターとサツマイモは鉄板の組合せだ…、と味わいながら今日こそ来週に迫ったお菓子教室のレシピを作らなければ…と。スイートポテトでも作ろうかな…?、いやいや…、少し前に読んだ小説に出てきた『すあま』を作ろう…。それにしても、最近のスイーツって名前が長いなぁと感じます。流行りなのかなぁ?。『じっくりコトコト煮込んだスープ』とか...。

 このスイートポテトも文字にして21文字でした。伝えたいことを全て文字にしたようなネーミングです。変に漢字をあてた『キラキラネーム』よりはマシか…?と、思う今日この頃…。最近のトレンドにはもう付いていけないのです。

 朝9:00のルーティーンは、近所のコンビニで飲み物とお菓子を買います。お菓子は物忘れが激しくなってきた母の脳への栄養補給。全部食べられないというのでいつも3分の1ほどお裾分けを頂いています。スイートポテトを初めて食べたのは25歳の頃、芋専門店の型から頂いた時。『なんてこんなに美味しいお菓子があるのだろう…』と、感激しました。サツマイモ菓子の先駆けだったそのお菓子屋さんは、鎌倉の鶴岡八幡宮で人気のお店になっています。スイートポテトブームがおこり、各社色々出揃い、色んなお味を楽しめるようになった後、お客様のお目にかなったものが定番となって、どれを食べてもだいたい美味しいものばかりです。

☝手軽に近場で美味しいお菓子が買えるなんて良い時代ですね。

 

鎌倉の想い出は尽きないのですよ…

 芋つながりで鎌倉の想い出を…。

 初めて行った鎌倉の印象はあまりよくありませんでした。仕事で訪ねたお客さんと打合せで揉めてしまったのが原因です。憤懣やるせなく、暫く鬼門になってしまった鎌倉ですが、某メーカーの開発担当者様からの依頼で、あるお店の『抹茶しるこ』を食べに行きました。駅を降りて市街地を離れ、小さなトンネルを抜けた先にそのお店はありました。小豆しるこの上にクリーミーな抹茶で覆っていました。甘味と苦味のコントラストに意外な発見を感じ、その後製品となって少しばかり出荷をさせて頂きました。その後芋専門店と仲良くなり、つい数年前まで足繁く鎌倉へ通いました。神社仏閣に多少興味が沸き史跡巡りなども…。子どもの大学受験などもあって鶴岡八幡宮でお守りとお札をもらったり…。一番の楽しみは仕事が終わったあと食べる鎌倉の新鮮な魚介類。友人から観光客相手ではないお店を紹介してもらい、仕事と同じくらいそのお店で食べる遅めの昼食と冷酒が楽しみになりました。今でもあのお店はあるのだろうか...?気になるところです。特定のお菓子や食べ物から色んな思い出が蘇るというのは、『食』が持つ魅力の一つだと思うのです。

鎌倉で食べたあの抹茶しるこ…、今でもお店がるならもう一度立ち寄ってみたい気持ちになりました。

☝発酵バターを使っています。発酵バターじゃなくてもよいと思うのですが…信仰的なブームなのでしょうか?

 

夜な夜な読書

 読書は終の趣味になるナンバー1候補です。以前にもまして何かに憑りつかれたように貪り読み始めています。先日未来屋書店で購入した古本『辛酸』は城山三郎の著書、『田中正造と足尾鉱毒事件』というサブタイトルがつけられています。小学校か中学校の社会の教科書にほんの短く触れられていた記憶があります。この本は20代後半の頃一度手にしていますが、再び読み返しても若かりし頃の記憶が蘇ってこなかったということは、冒頭のみ僅かに読んで本棚の飾りになり、その後何処かに消えてしまったと予想されます。中古価格300円が、フェアー価格で100円で買いました。解説を含め220ページというボリュームなので、じっくり1日もあれば読み切れます。

 読み進めて行くと、事件と犠牲になった村民のやるせない心情が伝わって来ますが、何より力を持つ者と持たざる者の歴然とした力の差は、事実も正義も捻じ曲げてしまう怖さを感じます。自らに照らし合わせると、小さいながらも同じように辛酸を嘗める事屡々…。貪るように読み始めた小説の数々は、活字の中に自らの正義とともに安住の地を求めているのかもしれません。

 足尾鉱毒水事件と同じように、岩手県でも松尾鉱山の鉱毒水が北上川に流れ込み、暫く鮭が遡上してこない時期がありました。中学か高校時代に鮭が北上川に戻ってきたというニュースに県民が沸き立ったことを思い出しました。国立公園の八幡平へ行くと、駐車場から鉱毒水の中和施設が見えます。青緑色の水は鉱毒によるものです。もっと若い頃に興味を持っていれば、見え方が違っていたと感じるばかりです。

 

今日はこんな感じで終わります。

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

 ⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ