🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

戸塚さんの…しょうゆだんご

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

「福だんご」米工房かとうさんで買いました!

 「へっちょこだんご」は水曜日と日曜日限定ということで、米工房かとうさんへ昼過ぎに出かけましたが、人気のお菓子らしく売切れでした。

 つやつやしたお団子が目にとまり、迷わず買った醤油だんご。出来たてのおだんごに醤油が良く絡まっていて、おだんごから出たでん粉と混じりあい光沢がでています。

原料はうるち米と醤油だけ!

「ムキっ」とした歯触り舌ざわり、溶け行くお団子から放たれる醤油の香りが鼻からすぅ~っと抜けて美味しさが全身に染み渡ります。

戸塚万紀子さんという生産者さんが、毎日丹念に拵えている「福だんご」です。美味しさという「福」に体中包まれた日曜日のおやつ時でした。

☝アツアツのお団子と醤油をじっくりかき混ぜないとこの艶としずる感はでません!

 

ナックスの米工房かとうさん

 紫波町に「盛岡南ショッピングセンター・ナックス」というスーパーがあります。地元商店主が資本を出し合ってできた紫波町民の台所的存在。眼鏡屋さんや本屋さん、衣類雑貨店があり、品ぞろいは充実しています。

 米工房かとうさんは、この中に店を構え、厳選されたお米のみならず、餅菓子やお弁当などが充実しています。

「へっちょこだんご」は米工房かとうさんの完全自社製品。水曜日と日曜日のみの限定販売。今回は手にすることは出来なかったのですが、次回は早めにお店へと行こうと思います。

へっちょこだんごとは、おだんごの真ん中をこぼませていて、おへそみたいだから、「へっちょこ」とおへそという岩手の方言から名前が付きました。

雑穀で作るのが一般的ですが、白玉だけや、上新粉だけで作った窪ませたおだんごでも「へっちょこだんご」という場合もあります。

それにしても、紫波にあるのに盛岡南ショッピングセンターとは何故でしょう?

「盛岡から南のほうにある…」ならわかりますが…。看板を見るたびに「クスっ」と楽しくなっちゃいます。

 

☝お米屋さんのお米って安心がありますね。

 

トラブルに遭遇JANコード「49」と「45」

 米工房かとうさんにてお菓子を物色している時、あるお客さんが店員さんに大きな声で噛みついていました。「中国だ!中国だ!」としきりに騒いでいます。

 よくよく聞いてみると、日本のJANコードは49から始まるので、45は中国だ!と難癖をつけているようです。もちろん45も中国ではなくれっきとした日本の国番号です。1995年以降新規事業登録した業者さんは45を使うようになりました。

 少しお酒が入っているようなそのお客さんへ近づき、45も日本ですとお伝えしましたが、ただひたすら頭を下げる店員さんに対し、すっかりテンションが上がっているようです。長いこと商人稼業の中で育ち、悪意を以って難癖をつけてくる輩をたくさん見て来ました。多くの目的は金銭の要求というより、店頭に立つ立場の弱い店員さんを只々困らせて、何らかの鬱憤を晴らしていると感じます。

 一度上がったテンションは中々下がりません。「45」は中国だ!と繰り返しいっているので、貴方が間違いだったら、それ相応の責任をとることになりますよ…と。

その一言で我に返ったようで大人しくお引き取り頂きました。

そのあと、簡単に49と45について店員さんへお話しして帰宅しました。

あの酔っ払いのお客さん、またお店へ行って何かしていなければいいのですが…。

自分より弱いと思った瞬間から強気に出る人はフルフル御免被りたいですね。

☝安くて新鮮な食材が手に入る紫波の台所です!

 

米工房かとうさん・生産者の戸塚万紀子さん。

おだんご美味しかったです。

ごちそうさまでした!

 

ナックス(NACS)米工房かとうさま

紫波町桜町1丁目12‐1

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ