🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

『コク』の正体を多良間島の黒糖で探ってみたが…

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

『コク』って何でしょうね?

 『コク深い味がある…』お店の看板で時折目にします。味噌や黒糖を使った食品などを食べたあとや、名店のコーヒーを飲んだ後の感想として使っているあの名文句。昨日ふと入ったお店の看板に『コク深さを感じて下さい…』と書いてありました。

さて...、コクの正体は何でしょう?。僕も時々使ってしまうこの都合のよい便利な表現は、結局のところ『良くわからない』時に使っているようです。昨夜、コクの正体を確かめるべくコクの固まりといわれる『黒糖』を食べてみました。冷蔵庫の奥底に隠すようにしまい込んでいる、多良間産、宮古製糖製の黒糖。結論から言うと、多良間黒糖の場合、『なんちゃって黒糖』とは異なり、エグミや余計な雑味は無いかわり、ドシっとた甘味と、食べた後の甘味がスッと退いて行く感じがしました。黒糖の場合、人によっては、『なんちゃって黒糖』の、雑味や『んっ?』という違和感が『コク』と感じとってしまうのかもしれません。実際のところは、食べくらべないと判断がつかないかもしれません。タバコとこれ迄の酒で痺れた僕の味覚ではコクの正体は明確には掴めませんでした。

コクって表現は、むかしむかしコーヒーの宣伝から始まったのだろうか...?『コクとキレ』、キレはあと味の事なのでしょうね...。

ネットに『コク』の正体がのっていましたので次の段で記載します。

☝今や貴重になった『純黒糖』、店頭には加工黒糖ばかり並ぶようになりました。

 

グルタミルバリルグリシン酸…???

 ネットの情報によると、コクの正体は『グルタミルバリルグリシン酸』とのこと…。したを噛みそうですね。

 アミノ酸である『グリシン酸』『バリン』『グリシン』が結合したもので、これ自体に味は殆どなく、糖や油と結合してコクを感じさせる味や香りを引き立てる…。

わかったような?わからないような…。更に読み進めると、『濃い深みのある旨味』、五味の『甘味』『苦味』『塩味』『酸味』『うま味』とは一線を画し『コク』は『味』『食感』『香り』『余韻』等が同時に絡み合った表現をいうらしいです。

皆さんは解りますでしょうか…?、僕が本来のコクという正体を舌で感じるためには、もっともっと修行をしなければならないと感じます。

☝ていご印…『ていごぉ~の花が咲きぃ~♪』。行ってみたいなぁ~多良間島。

 

多良間島は日本一の産地

 興味深いので箱の裏面を書き写します。

『記載のまま』

知っていますか…?多良間島が”日本で最大の黒糖産地”ってこと

多良間島は沖縄県宮古島と石垣島のちょうど中間に位置し、隆起珊瑚礁からなる島で、年間平均気温23度で冬でも温暖な亜熱帯気候の島です。多良間島には山や川が無く島全体のほとんどがサトウキビ畑と牧場で、多良間島の黒糖生産量は沖縄県全体の生産量約40%を占め、国内で最大の黒糖生産地として全国に知られています。このような風土で栽培されたサトウキビを圧搾し、煮詰めて固めたのが『多良間島産黒糖』です。

 

 

黒蜜を作ると良くわかる美味しさ

あれこれ考えましたが、『コクの正体はそれぞれの自己判断と感覚でよい!』ように感じました。結論が示せなくて申し訳ないです…。

お菓子教室などで時々『黒みつ』を作っています。多良間島の黒糖を鍋で『アク』をすくいながら、水を足しながら4時間くらい煮詰めます。これは明らかに市販の『黒みつ』とは全然違います。いくらでも食べられそうな味です。

市販の黒みつは、黒糖以外にも色々加えています。何でわざわざ…と、思ってしまいますが、ご商売の複雑なコトが絡まっているから致し方ないのでしょう。

 

◆黒糖を固まりのまま水を入れた鍋で弱火で煮続けます。

 →灰汁を取りながら、水が減ったら足して4時間煮ます。絶対焦がしてはいけません。

☝茶色い液体が少しずつ滑らかな深みのある黒に変っていきます。

 

◆4時間煮詰めた黒みつです。黒く澄んだ表面に換気扇の電球がクッキリ映り込んでいます。粗熱をとって冷蔵庫に入れて保管します。夏はかき氷や葛切りに、秋は暖かいおだんごにきな粉と一緒にかけて食べても美味しいです。焼き芋にかけても美味しいです。お料理の煮物の甘味にすると、良い仕事をしてくれます。

☝高級車の塗装面みたいな深みが出てきます。

 

 

やっぱり美味しい黒糖はちがいました。

宮古製糖さま、これからも昔ながらの黒糖をお願いします。

ごちそうさまでした!

⇩宮古製糖さまのホームページ

www.miyako-seitou.co.jp

⇩多良間島…行ってみたいなぁ~。

www.vill.tarama.okinawa.jp

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

 ⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

八木団子店さま:栗大福

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

優しく栗を包む生地なのです

 花巻の八木団子店さんのお菓子は桜町の本店(&工房)のほか、アルテマルカン内のスーパーでも買うことができます。栗大福が並んでいました。白い生地は見るからに『ほわほわ』した柔らかさを感じます。その生地から薄っすら栗の黄色が透けて見えて期待は膨らむばかりです。2個入りで229円というお得な価格!。我慢できず撮影する前に一つパクリと頂きました。『お~期待通り!美味なりぃ~♪』。栗の粒を優しく包む白玉生地の柔らかさ。固形物を包む生地はこうでなければいけません。みずみずしいこし餡との相性も抜群。小豆の香りと栗の風味…、そして優しいお餅、すてきな美味しさを頂きました。

☝白玉生地のほわほわした食感が栗を引き立てています。あんこも良い小豆色です。

八木団子店さん

 アルテマルカンがある場所は花巻の振興開発地です。新しい住宅が立ち並び、若い家族がたくさん家を建て暮らしているので、商業施設もライフスタイルに合わせたものが目立ちます。密集して洋菓子屋さんが数軒あるのもそのライフスタイルからでしょうか?。旧市街地にあった和菓子屋さんが、高齢化もあり廃業しているのは残念でなりません。八木団子店さんは、市街地から少し離れたところに工場兼店舗を構える人気店です。アルテをはじめ、市内にあるいくつかのスーパーへお菓子を並べています。アルテを愛用する地域民は幸せ者だと思います。しっかりとした八木団子店さんのお菓子が食べられるから…。小さな子どもがいるお母さんには是非食育の為に八木団子店さんのお菓子を積極的に食べさせてほしいと思います。

☝てっぺんにほんのり栗が透けて見えるのが食欲を高めます!



書店のカバーかけ達人

 本屋さんが次々閉店しています。ネットで買えたり読めたり…。時代だからしようがないと受け入れる一方、せめて僕が元気なうちはあの落ち着く空間がありつづけるよう願うばかりです。

 文庫本を買うとき、店員さんから『カバーをお掛けしますか?』と尋ねられます。有難くいつもお願いしていますが、時々驚くほど手際よく凄いスピードで『ビシッ!』と仕立てたように掛けてくれる達人がいらっしゃいます。だいたい女性の店員さんのほうが早く綺麗、かつ丁寧です。男性店員は下手クソが多いです。下手くそなオトコ店員さんのネームプレートを見ると、書店経営者と同じ苗字だったりします。だからという訳では無いのですが、心の中で『そのひと手間が大切な経営者としての心がけだよ…』とテレパシーをおくるように呟いています。

 せっかくのカバー、ビシッと本にフィットしていると、読んでいる最中にずれる事無く気が散りませんので…。因みに今日の本屋さんは『ビシッ!』と女性店員さんが仕上げてくれました。下手クソ男子店員さんはこの店の人ではありませんので…。

カバーをかけてもらう楽しみ…、書店で本を買う目的のひとつでもあるのです。

☝ブックカバーがビシっとしていると気持ちが良いです。

八木団子店さま、栗大福おいしかったです!

ごちそうさまでした!

八木団子店さま店舗工場ご住所

花巻市桜町4丁目230‐20

 

⇩ここで購入しました!

アルテマルカン桜台店

花巻市桜台1丁目12-12

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

 ⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

 

 

 

すあまの魅力…魔力なのか…?

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

味のある名わき役だね

 薄っすら甘く、『ぽよぉん』と『ふわぁ~ん』のちょうど中間という、全くストレスを感じさせない口あたり…、主張があまりないながら江戸時代から続くお菓子が『すあま』なのです。あれば食べる、または和菓子店で何かメインのお菓子を買ったついでに買うイメージ。2センチくらいの厚さに切って数個お皿に並べると、知らず知らずのうちに朝霧のように消えてしまうのが魅力です。食べる度に『どんな味だっけ…?』、と思うのですが、食べながら『うん…そうだった…』と原点に立ち返る。

 例え食べたすあまがお気に入りの食感と風味じゃなくても、すぐに記憶の中に好きなお店の味がよみがえるのです。

☝主張が無いから一生食べ続けられるような魅力があります。

すあま…寿甘…

 どうやら江戸時代から作られているようです。東京の木場あたりが発祥だとか…?。『うすあまい』から『すあま』という説があるらしいです。木場という海に浮かぶ丸太の集積所、もしかして職人さんたちのおやつとして食べられていたかもしれません。そういえば丸太にも見えなくもない…。州浜(すはま)というお菓子もありますが、こちらは豆の粉を原料に作られます。漢字の寿甘は縁起を担いでの当て字です。まんまるお餅に丸めると『つるのこ餅』というお菓子になります。

 関東から北でわき役のように愛されるすあま。いつまでも止まらないほんのり甘いお菓子。控えめで奥ゆかしい美味しさに愛らしさを感じます。

☝かまぼこにも見えます。でも中身は確り和菓子なのです!

和菓子好き教育最適ですよっ!

 残念ながら今日手にした『すあま』はイメージとは違ったものでした。でも、記憶の中に薄っすら残る『すあま』の魅力的な味を思い出させてくれました。お店での販売条件(長い賞味期限など)を考えると、作り手は不本意ながら風味や食感を落とさざるおえない気持ちもわかります。『すあま』は本来『朝生(アサナマ)』なので、1日か、長くても2日くらいで食べないと美味しさを失ってしまうのです。上新粉と砂糖が主な材料なので、電子レンジという文明の力を借りれば、家庭で美味しい味に近づけることは出来ると思います。ご近所に古くからある和菓子店があれば、職人さんが毎日作った美味しい味にふれることができます。すあまが美味しければ、そのお店の餅だんご(上新粉製品)は確実に美味しいと言えるくらい基本的なお菓子だと思います。特徴も主張も控えめなすあまは、小さな子どもに和菓子の美味しさを伝える初めの一歩になるお菓子だと僕は考えます。

そうだ!、今月末のお菓子教室は基本にもどり作ってみよう…。

書きかけのブログを止めて、近くの100均で『竹巻きす』を買ってきました。

☝温かいお餅を巻きすで包んみ独特の凸凹が表面に出来ます。

 

ぜひご近所の和菓子店ですあまに触れてください!

おいしいですよ!

 

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

 ⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ