🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

今日はお休み:最近の悩み事

 

何故太るのだ…!?

 2年前と食事量はほぼ変わっていない。最近なんか服が窮屈だと感じ始めている。久しぶりに体重計に乗ったらヤバい事になっていた。15㌔くらい増えている。服が縮んだのではなかった。原因を考えてみると明らかに首の手術以降運動量が減っている。更にコロナで外出も激減。そしてもう一つが手術以降服用している薬の影響だと思う。ネットで調べてみると『体重増』の副作用が書かれていた。お菓子については今も昔も同じように食べているどころか、仕事での試食が無いので今のほうが少ないくらいです。

薬を飲まないと首の違和感で真面に寝ることができないので辞めるわけにはいかない。

暖かくなってきたので少しでも歩いて体重をコントロールしてみようかと思っているところです。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210420110113j:plain

☝盛岡白百合さんにてお団子を販売した時に購入したキューピーちゃんです。

 

二葉屋さま:くるみまんじゅう&直利庵さんのお蕎麦

  にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ   

一口で食べられる嬉しさです

 

二葉屋さんの胡桃まんじゅうは、小粒なお餅に刻んだくるみが包まれています。中のあんはしっかりした水気の少ないホロりとした感じです。その餡をトロリとした生地が覆っています。好きな食感です。求肥?と思いきや煎みじんや上南粉という菓子種から作られています。1個30gくらいでしょうか?1パック5個入っていますが、次々と食べてしまう魔法的な美味しさがありました。

以前もご紹介させて頂いた『くるみまんじゅう』です。最近食欲が湧かなくてブログもおざなりになっているような感じです。くるみまんじゅうを食べて少し欲が出てきたような気がします。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210418123753j:plain

☝生地に練り込まれた胡桃が良いアクセントです。

 

仙北町の人気店です

 和菓子をはじめ、洋菓子も充実しています。盛岡キャベツは地元で人気のシュークリームです。日常的なお菓子から贈答迄幅広い美味しいお菓子の宝庫です。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210418124150j:plain

☝何種類あるかわからないくらい沢山のお菓子が並んでいます。

お勧めの直利庵さん

母親を病院へ連れて行った日、丁度よい時間に診察が終わったので盛岡市内にある直利庵さんへ行きました。老舗の蕎麦屋さんです。わんこそばもやっていますが、今はコロナの影響で提供はしていません。このお店のお気に入りは『オニオンそば』です。薄くスライスした玉ねぎと鰹節がどっさりかかっています。お蕎麦は毎朝手打ちしています。出汁の中にほんのり酸味があって食欲を高めてくれます。盛岡へお越しの際は是非訪ねて頂きたいお蕎麦屋さんです。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210418124838j:plain

☝新玉ねぎのみずみずしさと甘さが良いですね。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210418125004j:plain

☝直利庵さんの素敵な中庭です。

 

二葉屋さま、くるみまんじゅう美味しかったです。

直利庵さま、オニオンそば美味しかったです。

ごちそうさまでした!
 

二葉屋さまご住所:盛岡市仙北2丁目10-12

 

直利庵さまご住所:盛岡市中の橋通1丁目12-13

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。

    

南部鉄瓶

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ   

10年位前の自由研究

今日もお菓子を食べませんでした。もうすこし『食べたい!』という欲求が高まってきた時に食べてブログを書きます。

写真は10年くらい前次女の自由研究で南部鉄瓶工房を訪問した時の物です。岩手を代表する南部鉄器、最近ブームのようで、海外へも沢山輸出されています。お湯を沸かすだけではなく、すき焼き鍋やステーキを焼く時の火の通りが良いみたいです。

家には古い南部鉄瓶があり、時々使っています。どんな作り方をしているのか知ったのは娘の自由研究に付き添った時が初めてです。改めて地元のモノづくりを知るというのも良いと思いました。

祖母は、南部鉄で沸かしたお湯でお茶を飲むと『流石南部鉄はちがう…』と言いながら飲んでいました。

もう少ししたら…

南部鉄瓶でお茶を沸かしてお菓子を食べてみます。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210416082425j:plain

☝模様は一つずつ職人さんが専門の道具を使用して作っています。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210416083019j:plain

☝大きな鉄瓶と11歳の時の次女、今年21歳です。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210416082502j:plain

☝お値段は高めですが、一生モノだと思えばリーズナブルです。

 

ja.wikipedia.org

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。