🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

岩手

大沢菓子店:ソルトロード&盛岡タイムス連載1周年などなど…

野田村名産の『塩』なのです。 岩手県野田村にある、大沢菓子店さまのマドレーヌ『ソルトロード』を頂きました。 野田村名産品『のだ塩』を使った洋菓子です。一般的なマドレーヌより少し塩味が効いて、素材の風味を見事に引き立てています。小麦の味、卵の…

諏訪商店さま:玄気だんご・クリームチーズ

チーズと醤油は鉄壁の組合せ 大雪の雫石、雫石商店街にある諏訪商店にて『玄気だんご』クリームチーズを買ってきました。もう何度も食べているお気に入りの逸品‼、この組み合わせは完璧なのです。ワザワザ雪の中でも買いに行きたくなる魔法の味がします。も…

回進堂さま:岩谷堂羊羹・くるみ

ひと口サイズだけど、美味しさMAX 頂いた『開進堂物語』ギフトの中の一つ、開進堂さまの『岩谷堂羊羹・くるみ』長さ6㎝巾3㎝高さ2㎝というひと口サイズ、一気に口の中に放り込み贅沢に咀嚼してみた。歯応えの良い弾力、口の中に広がる胡桃の風味と程よ…

梅月堂さま:おはぎ

朝ドラにでてくるような…おはぎ 梅月堂さんにておはぎを買ってきました。ツヤツヤの餡は小豆の色が鮮やかで見るからに美味しそうです。中のもち米の柔らかさ、潰し加減と程よい砂糖の甘味、全てがお気に入りの味です。もっちりしたモチ米の食感ですが、口の…

二葉屋さま:不来方万頭&虹と月食

ふっくらほっこり3時のおやつ 先週お伺いした二葉屋さま、和菓子食べ比べの中に『不来方万頭』が入っていました。小ぶりで食べやすいひと口サイズ、ふんわり薄皮の小麦生地に黒糖が入っています。餡はホックリほぐれて流れる優しい味。甘味もスッと溶けてい…

山善さま:えびすまんじゅう

地元デパート『えびす講』限定品 山善さまの『えびすまんじゅう』。おまんじゅうの上に『えびす様』の焼き印が押されています。和糖を練り込んだ茶色の小麦生地の中にはみそを隠し味に入れた白あんが包まれています。ほんのり手亡豆の香りにミソが加わること…

久栄堂さま:おちゃもち&盛岡タイムス(11月4日掲載)

岩手県自慢のソウルフード 矢巾町にある『久栄堂』さまは地域の人気店です。同店の『おちゃもち』ファンは矢巾エリアに限らず広く遠くからお店をめがけてやって来ます。甘じょっぱいタレにモチモチのおだんごが絡み合い中毒になるような魔法の味です。初めて…

丸基屋さま:栗蒸しようかん&盛岡タイムス

豪華!とはこの事だろう... 丸基屋さんの本店へ行ったのは偶然。看板の『栗蒸し羊羹』に目がひかれたからです。盛岡の老舗和菓子店として知られています。駅ビルなどでお店を見ていたのですが、本店がここだったとは知らなかった~。 これでもかっ!ってくら…

佐々木だんご店さま:きりせんしょ&週末モロモロ

むっちり!つるん!良いお味! 佐々木だんご店さまの『きりせんしょ』は食べやすい大きさです。ツヤツヤ・ピカピカの表面が魅力的、食べるとムッチリしているのにつるんとした食感が心地良いです。砂糖醤油のバランスが最高で1パック4個入りはあっという間…

後藤屋さま:二物考(にぶつこう)

求肥に包まれた梅あんと胡桃あん 「梅のかおりがふわりと口の中に優しく広がる梅あん、コクと旨味がじんわりと伝わるくるみ餡が、唇に優しく柔らかい”ぎゅうひもち”に包まれています。 雰囲気のよい竹皮を模した包み紙の中には何が入っているのだろう…?小さ…

佐々木だんご店さま:黒豆大福

思わず手が出る美しさ 豆大福は各お店さまざま美味しいものが沢山あります。佐々木だんご店さまの『黒豆大福』は美味しさは勿論のこと、大福生地の中に規則正しく黒豆が並び見た目も美しいです。口当たりの良いノビと弾力のある生地と程よい甘さと塩加減がお…

丸基屋さま:りんご大福

りんご大福『ストライク~!』です! 前回に引き続き丸基屋さんです。今日は『りんご大福』。ほんのりピンクがお上品です。りんごの蜜煮は柔すぎず食感キュッと残るジャストな煮具合い、お砂糖もりんごの風味を引き立てるサポート。何より白あんとの相性が最…

丸基屋さま:シャインマスカット大福

見た目も美しく食べても美味なり シャインマスカットの薄い皮の中から爽やかな果汁がじゅわ~と溢れてきます。唇に優しい求肥生地と優しい甘味の白あんに果汁が混ざり合う事で、それぞれの美味しさが何倍にもひろがりました。 盛岡の老舗和菓子店丸基屋さま…

芽吹き屋:ずんだもち

ずんだ餅のこと 身内のお菓子で申し訳ないのですが、芽吹き屋のずんだ餅です。写真はタレ状になったずんだ(えだまめ)がお餅に掛かっています。身内ながらずんだ餅の中では美味しいとおもえる商品です。 さて、このずんだ餅…、芽吹き屋では固い餡に包まれた…

松田屋さま:かぼちゃどら焼き

かぼちゃよりかぼちゃの味がする! 9月の良く晴れたある日、松田屋さんにて『かぼちゃどら焼き』を頂戴しました。ちょうど作りたてホヤホヤを包んで頂きました。 パかッと開くと、鮮やかなかぼちゃ餡がミッチリはいっていました。生地もほわほわの柔らかさで…

肴町ピエロさん:かき氷

カラダを冷やしてココロを温めるのだ... 時々お邪魔している肴町の喫茶店『ピエロ』さん。迷わずかき氷を食べて昼食の代わりにしました。抹茶と黒みつ・練乳、白玉にあんこがピンポン玉くらいの大きさで入っています。抹茶・黒みつ・練乳の組み合わせは最強…

展勝地レストハウス:冷やしみたらし餅

暑さを吹き飛ばす『冷やし餅!』 県内のとある場所でのお菓子作りのあと、展勝地レストハウスへ立ち寄り『冷やしみたらし餅』なるものを購入。杵つきの餅と良く冷えたみたらしタレ。新しいアイディアが次々とあふれ出る展勝地レストハウスの開発陣は素敵です…

陽月菓子舗さま:ぶぢょうほうまんじゅう

盛岡八幡通りの銘菓 盛岡の肴町から盛岡八幡宮へ向かい、八幡町の通りの真ん中くらいに陽月さんはあります。『ぶぢょうほうまんじゅう』がお店の看板です。黒糖を練り込んだ『もちっ』とした歯切れの良いモチの中に黒みつがタップリ入っているのです。黒砂糖…

畠山だんご店さま:ブルーベリー大福

清涼感が良いです 梅雨が明けた岩手です。青空に白い雲っていいですね。一歩外に出ると体にダメージを与える高温です。水モノばかりではお腹に悪いと思いますので、お腹を整える繊維質が大切。そこで畠山だんご店さまの『ブルーベリー大福』です。ほんのり酸…

号外:豆すっとぎ(まめしとぎ)を御存じですか…?

岩手県山田町・郷土菓子のご紹介 盛岡駅にて見つけた『豆すっとぎ』四国四県ほどある岩手県なので、同じ県民でもそれ程馴染みはない。存在を知ったのは随分大人になってから…。青大豆と上新粉を捏ねて、砂糖と塩で味を調えて作られるこの郷土菓子、かつては…

畠山だんごさま:あん玉

夏の元気にお勧めです! 梅雨明けはまだ先の岩手ですが、既に体が暑さについていきません。餅だんごもいいけれど、なにか冷たいモノでも食べたいです。冷やして食べるお餅やだんごは中々ありません。お米の生地を冷やすと硬くなってしまいます。 畠山だんご…

松田屋さま:栗どらやき

ダイスカットの栗がたっぷり! 今日から7月!夏本番間近といった感じです。かき氷やアイスクリームも良いですが、少し冷やしたどら焼きもおすすめです。松田屋さまの栗どら焼きは綺麗で優しいきつね色。ふわっとした生地が特徴です。栗どら焼きというと、大…

戸田久餅店さま:白大福(しろあん)

ふわふわとろんとろん!です 戸田久餅店さんは昭和元年創業の盛岡における『餅だんご』の老舗です。 今日のお目当ては大福もちです。中には滑らかで甘さのキレが良い白あんが入り、周りはふわんふわん・とろんとろんの求肥で包まれています。戸田久さんの『…

関口屋さま:焼酎糖

この味に目覚めた幼児期の想い出 関口屋さまの焼酎糖。子どもに食べさせると酔っぱらいます。勿論車の運転も出来ません。盛岡駄菓子の老舗関口屋さんの魅惑の逸品『焼酎糖』は子どもの頃憧れのお菓子でした。お酒なので子どもには食べさせてくれませんので、…

松田屋さま:どら焼き

ふっくら・しっとり…いい感じ! 松田屋さんのどら焼きです。きれいなきつね色の焼き色は品の良さを感じます。二つに割った断面の生地はキメ細かい気泡が並んでいます。生地からふんわり卵の香り、食欲がそそられます。餡は柔らかく粒が感じられる程よい甘さ…

関口屋さま:盛岡駄菓子詰め合わせ

関口屋さまオールスター 関口屋さんは盛岡を代表する『盛岡駄菓子』の老舗です。これまで、おだんごや、黒糖饅頭、お茶もち等々をブログにてご紹介させて頂いており、どれもトップグレードの美味しさの逸品ばかりです。 盛岡駄菓子詰め合わせは、盛岡駄菓子…

関口屋菓子舗さま:黒糖まんじゅう

想い出がよみがえる味 いつも行くたびに楽しくなる関口屋さん。黒糖まんじゅうを頂きました。艶やかな小麦生地に練り込まれた黒糖の風味がとても味わい深いです。こし餡もくちどけが良くサラサラしています。ひと口食べると何故か心が休まるのです。生まれ育…

フルールきくやさま:銘菓三代杉

パッケージは和菓子中身は洋菓子 フルールきくやさんで、どら焼きと一緒に購入したのが『三代杉』。パッケージはど真ん中の『和菓子調』ですが、中身は洋風の味がする小麦生地の中にチョコクリームがサンドされていました。しっとりふわふわの生地は歯茎で噛…

ふるさとやさま:冷やししるこ

スッキリサッパリ最高です! ふるさとやさまのtwitterをみたら『冷やししるこ』はじまりました!と出ていました。盛岡での用事を済ませ真直ぐお店へ、水曜日の14:00というのにお客様が途切れず入っています。購入後すぐに駐車場で食べました。沢山の小豆まさ…

翁本舗:盛岡の女(ひと)

懐かしいCMがよみがえる 翁本舗さまの代表的なお菓子『盛岡の女(ひと)』です。さっくりきつね色焼き上げた小麦生地の中にこし餡が包まれています。僕が小学校くらいの頃ローカル局にてコマーシャルをしていました。何となくCMが耳に残っていて懐かしいです…