🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

盛岡

陽月菓子舗さま:ぶぢょうほうまんじゅう

盛岡八幡通りの銘菓 盛岡の肴町から盛岡八幡宮へ向かい、八幡町の通りの真ん中くらいに陽月さんはあります。『ぶぢょうほうまんじゅう』がお店の看板です。黒糖を練り込んだ『もちっ』とした歯切れの良いモチの中に黒みつがタップリ入っているのです。黒砂糖…

畠山だんご店さま:ブルーベリー大福

清涼感が良いです 梅雨が明けた岩手です。青空に白い雲っていいですね。一歩外に出ると体にダメージを与える高温です。水モノばかりではお腹に悪いと思いますので、お腹を整える繊維質が大切。そこで畠山だんご店さまの『ブルーベリー大福』です。ほんのり酸…

畠山だんごさま:あん玉

夏の元気にお勧めです! 梅雨明けはまだ先の岩手ですが、既に体が暑さについていきません。餅だんごもいいけれど、なにか冷たいモノでも食べたいです。冷やして食べるお餅やだんごは中々ありません。お米の生地を冷やすと硬くなってしまいます。 畠山だんご…

松田屋さま:栗どらやき

ダイスカットの栗がたっぷり! 今日から7月!夏本番間近といった感じです。かき氷やアイスクリームも良いですが、少し冷やしたどら焼きもおすすめです。松田屋さまの栗どら焼きは綺麗で優しいきつね色。ふわっとした生地が特徴です。栗どら焼きというと、大…

戸田久餅店さま:白大福(しろあん)

ふわふわとろんとろん!です 戸田久餅店さんは昭和元年創業の盛岡における『餅だんご』の老舗です。 今日のお目当ては大福もちです。中には滑らかで甘さのキレが良い白あんが入り、周りはふわんふわん・とろんとろんの求肥で包まれています。戸田久さんの『…

ふるさとやさま:よもぎ大福

一年前のブログですが...。 土日はずっと引き籠っていた。まずまずの天気でしたが、家から一歩も出ずじっとしていました。理由は『外へ行くとタバコを買ってしまいそう』だから...。 去年の今日は『ふるさとや』さんのよもぎ大福をご紹介していました。 緑鮮…

関口屋さま:焼酎糖

この味に目覚めた幼児期の想い出 関口屋さまの焼酎糖。子どもに食べさせると酔っぱらいます。勿論車の運転も出来ません。盛岡駄菓子の老舗関口屋さんの魅惑の逸品『焼酎糖』は子どもの頃憧れのお菓子でした。お酒なので子どもには食べさせてくれませんので、…

松田屋さま:どら焼き

ふっくら・しっとり…いい感じ! 松田屋さんのどら焼きです。きれいなきつね色の焼き色は品の良さを感じます。二つに割った断面の生地はキメ細かい気泡が並んでいます。生地からふんわり卵の香り、食欲がそそられます。餡は柔らかく粒が感じられる程よい甘さ…

関口屋さま:盛岡駄菓子詰め合わせ

関口屋さまオールスター 関口屋さんは盛岡を代表する『盛岡駄菓子』の老舗です。これまで、おだんごや、黒糖饅頭、お茶もち等々をブログにてご紹介させて頂いており、どれもトップグレードの美味しさの逸品ばかりです。 盛岡駄菓子詰め合わせは、盛岡駄菓子…

竹芳さま:かき氷黒みつときな粉

かき氷の中に『和』の宇宙が広がる。 黒みつの自然豊かなコクのあるうま味、きな粉の香ばしさ、白玉のツルツルふわふわ…そして餡のスッキリした切れ味…。涼しげなかき氷の中に素敵な『和』の宇宙がひろがりました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

関口屋菓子舗さま:黒糖まんじゅう

想い出がよみがえる味 いつも行くたびに楽しくなる関口屋さん。黒糖まんじゅうを頂きました。艶やかな小麦生地に練り込まれた黒糖の風味がとても味わい深いです。こし餡もくちどけが良くサラサラしています。ひと口食べると何故か心が休まるのです。生まれ育…

フルールきくや:どら焼き

いい感じの食感です 素晴らしい青空が広がった土曜日、朝からバタバタです。お昼ごはんを食べるチャンスを失ってしまいました。そういえばフルールきくやさまのどら焼きが鞄の中に入っていたはず…。ブログにて紹介しようと思っていたので先ずは撮影…、某道の…

今日はお休み:明後日はグルージャスペシャルだんごだ!

雨にて体調が極めて不調 ずっと強い雨が降り続いている今日の岩手花巻です。 天気が悪いと首と肩の調子が頗る悪くて頭まで痛くなってしまいます。 今日は天気も気持ちも体調もどんよりです。 とても幸せな気持ちで書けないので今日は休みます。 では良い週末…

ふるさとやさま:冷やししるこ

スッキリサッパリ最高です! ふるさとやさまのtwitterをみたら『冷やししるこ』はじまりました!と出ていました。盛岡での用事を済ませ真直ぐお店へ、水曜日の14:00というのにお客様が途切れず入っています。購入後すぐに駐車場で食べました。沢山の小豆まさ…

翁本舗:盛岡の女(ひと)

懐かしいCMがよみがえる 翁本舗さまの代表的なお菓子『盛岡の女(ひと)』です。さっくりきつね色焼き上げた小麦生地の中にこし餡が包まれています。僕が小学校くらいの頃ローカル局にてコマーシャルをしていました。何となくCMが耳に残っていて懐かしいです…

関口屋さま:あんこだんごと醤油だんご

真夜中のお楽しみ 午前中まだ早い時間に関口屋さんを訪ねた。醤油だんごもあんこだんごも、早くいかないと売切れている可能性が高い。 関口屋さまと言えば『焼酎糖』をはじめとする『盛岡駄菓子』ですが、おだんごやお茶もちのファンも駄菓子同様にたくさん…

翁本舗さま:黒砂糖まんじゅう

美味しくてミネラルタップリ! 季節の変わり目で体力が消耗されます。食欲も湧かない今日この頃…。 翁本舗さまの黒砂糖まんじゅうを食べてエネルギーチャージです。滑らかなさっぱりしたこし餡はくちどけがとても素晴らしいです。生地もしっとりしていてお茶…

去年の今日...文生さん:のりだんご

盛岡市下太田のお店 去年の5月21日にご紹介させて頂いた文生(ぶんき)さんの『のりだんご』。この日が初めての訪問でした。 最初はとっつきにくい雰囲気のご主人さまでしたが、お話しをしていくととても優しい人だという事が解りました。 しばらくお邪魔し…

盛岡タイムス掲載:竹芳さま『黒もち』

大徳寺納豆がポイント! 昨日、地元紙『盛岡タイムス』にて竹芳さまの『黒もち』をご紹介させて頂きました。黒もちは竹芳さま人気№2のお菓子です。大徳寺納豆を原料としたお菓子は、少し酸味がありあと味がさっぱりしています。大徳寺といえば『一休さん』…

去年の今日:おだんご処あかねやさま『やき塩の大福』

去年の今日… 去年の今頃は来年はコロナは終息していると思っていました。岩手県は確か7月末頃まで感染者はいませんでした。あれから一年経ち終息するどころかあまり好ましくない状況です。そんな環境なので今までのようにお菓子を探して県内を巡るのが難しい…

一六タルト:甘夏みかん

岩手で四国の名菓が食べられる幸せ 一六タルトという名前は全国的に知られています。でも…食べた事はありません。盛岡の川徳デパートの地下には全国のお菓子を扱うコーナーがあり、季節ごとに珍しい遠方のお菓子が並びます。今日は一六タルト季節限定『甘夏…

翁本舗さま:盛岡のお菓子

葡萄飴・からめ餅・豆銀糖・あけがらす 何日か投稿を休んでいましたが…気になって仕方がありません。 少し前に購入した翁本舗さまの葡萄飴・からめ餅・豆銀糖・あけがらす。岩手を代表する伝統銘菓、以前にも紹介させて頂いていますが、なんか食べたくなって…

肴町喫茶ピエロさん:今川焼(回転焼き)

今川焼の魅力は重量感 今川焼の魅力は何と言ってもズッシリ重量感です。ホカホカの餡としっかりした小麦生地の焼き具合と相まって、一口食べると目元が緩みます。朝10時半、焼き立てを食べて感動です。ここは何度もお邪魔している盛岡市肴町の喫茶軽食ピエロ…

大丸屋さま:鯉のぼり・桜もなか

満開の桜と青空に泳ぐ鯉のぼりが目に浮かびます 大丸屋さまの鯉のぼりと桜もなかです。ふわふわの小麦生地には鯉のぼりの焼き印が押されています。中にはあんこと求肥餅が入っています。ひと口食べると唇に柔らかさが伝わり、舌にはモチモチの求肥と小豆の香…

関口屋さま:生姜糖(白・黒)

シンプルな素材・くちどけと後味が最高 関口屋さまの、生姜糖を食べて夕方の疲れを飛ばします。すっと口どけの良いお菓子。ザラメを煮詰め生姜を入れた盛岡駄菓子です。白はそのものズバリ生姜の味。ひと噛みするとスッ~と脳全体に広がります。黒は黒糖です…

二葉屋さま:くるみまんじゅう&直利庵さんのお蕎麦

一口で食べられる嬉しさです 二葉屋さんの胡桃まんじゅうは、小粒なお餅に刻んだくるみが包まれています。中のあんはしっかりした水気の少ないホロりとした感じです。その餡をトロリとした生地が覆っています。好きな食感です。求肥?と思いきや煎みじんや上…

南部鉄瓶

10年位前の自由研究 今日もお菓子を食べませんでした。もうすこし『食べたい!』という欲求が高まってきた時に食べてブログを書きます。 写真は10年くらい前次女の自由研究で南部鉄瓶工房を訪問した時の物です。岩手を代表する南部鉄器、最近ブームのようで…

関口屋さま:盛岡駄菓子詰め合わせ

夢が詰まっているのです! 関口屋さんの盛岡駄菓子には盛岡をはじめとする岩手の夢が詰まっています。この素敵なお菓子を見て下さい!どんな味だするだろう?という興味に魅かれる色とりどりのお菓子。一つずつ袋を開いて食べると『うわ~♡』っていう幸せが…

竹芳さま:わらび餅

これが本物だと思った! 土曜日の朝、竹芳さんにて購入したわらび餅。つる~ん・とろ~ん・ふわ~んの食感がたまりません。『おお~!これだ~!』という感動の味です。あんこは小豆の美味しい所だけを集めたような香りと甘さのキレ、包み込むきな粉の感じも…

盛岡だんご結庵さま:胡麻だんご(盛岡タイムス掲載)

結庵さまの胡麻だんご 4月8日盛岡タイムスさまに掲載して頂きました結庵さまの『胡麻だんご』。自分が書いたつたない記事を読んでいるうちにまた食べたくなりました。 胡麻の濃厚さと食べた後スッと消えるあと味が記憶の中に蘇りました。当然お団子生地も歯…