🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

盛岡タイムス:竹芳さま『和くるみ糖』

   にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

素材の組合せが絶妙です

 竹芳さまの『和くるみ糖』を3月31日の盛岡タイムスさんに掲載していただきました。初めて食べたのが2020年の秋、胡桃と和三盆と醤油の組合せです。何となく想像できる味…と思って口にした瞬間、想像を超える絶妙な美味しさ!が口いっぱいに広がりました。時々買って食べたくなるクセになる味なのです。もう一つ竹芳さんには大徳寺納豆を使った『黒もち』という僕のお気に入りがあります。この他、お店の中には珍しい素材にチャレンジする竹芳さんのバイタリティーに溢れた逸品が並び、いつも目新しい感動があります。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20220331121713j:plain

☝和くるみ糖おすすめです!



 

もっと文章力を鍛えよう

 2週間に1度のペースで掲載させて頂いています。当初『余裕じゃん!』とタカをくくっていたのですが、これが結構大変なのです。毎日文章を書いている新聞記者さんとか、編集長さんって本当に凄いと思い知らされた1年と3ヶ月です。週刊誌に毎週小説を書いている作家さんにいたっては宇宙人ですね。

 文章力ってどうやって鍛えるのでしょう?本を読んで文章を書きまくるってことに尽きると思うのですが、小説家さんのように前後の辻褄があうよう何百枚も書くって想像できません。

 少し前にシャレで小説を書いてみたことがありますが、読み返してみると顔から火がでそうになるくらい恥ずかしかったです。

 そういえば小学校からずっと国語が苦手で、漢字も知らず、おまけに字が汚いという良いところなし。少しまともに書けるようになったのは若い頃仕事でお詫び状を書きまくったからだとおもうのです。20代の後半までお詫び状は手書きで書いていました。随分文字を書いてきたのですが、今でも字は下手くそです。文章コンプレックスを克服するために歴史小説を中心に読むようになり、出張先で初めてお会いする方と、地域の歴史や名所を話題にして営業の切り口にすることができたのが数少ない効果です。

 ブログもコラムも続けて行くうちに自分自身の未熟さを感じます。最近本棚を漁り、昔読んだものを読み返しています。今度はじっくり一文字ずつ記憶すように読みます。

 

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20220331121532j:plain

 

2020年10月8日のブログ

mainichi-mochidango.hatenadiary.com

 

今年3月21日のブログ

mainichi-mochidango.hatenadiary.com

 

2020年4月18日黒もち

mainichi-mochidango.hatenadiary.com

 

 

和くるみ糖おいしかったです!

ごちそうさまでした!

造り菓子竹芳本店

〒020-0824岩手県盛岡市東安庭一丁目6-2

 

あ…阪神昨日も負けましたね、開幕から良いところなしの6連敗です。この秋のドラフトは大阪桐蔭ごとゴッソリ指名してほしいものです。

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ