🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

諏訪商店さま:玄気だんご・クリームチーズ

   にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 

チーズと醤油は鉄壁の組合せ

 大雪の雫石、雫石商店街にある諏訪商店にて『玄気だんご』クリームチーズを買ってきました。もう何度も食べているお気に入りの逸品‼、この組み合わせは完璧なのです。ワザワザ雪の中でも買いに行きたくなる魔法の味がします。もちもちのおだんごに程よく染みた醬油の味と香り、クリームチーズがのって更に美味しさ倍増です。

 お米マイスターが作る素敵なお団子は、モチモチの生地が魅力!、しょうゆだんご・やきだんご・いそべ・あんこだんご…他全部で6種類、全て1本ずつ買ってお家へと帰りました。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20220112093633j:plain

☝チーズと醤油のマッチングが最高です!

 

ふと雫石へ行きたくなったのです。

 盛岡での用件が2つ、朝一番と午後3時。いつもなら待ち時間を考えるとちょうど良いスケジューリングなのですが、あさイチの用が僅か15分で終わってしまいました。

さて...どうしようか?盛岡市内はちょうど晴れていたので、雫石まで行ってお蕎麦でも食べて帰ろうかと考えました。車を走らせ、目的地付近の蕎麦屋さんまであと数分のところ、まだ11時前で開店まで時間があります。『そうだ、おだんごを食べに行こう!』と思い、諏訪商店へと目的を変更しました。お店に到着すると、カメラクルーが撮影をしています。諏訪商店の社長さんは顔見知り、聞くと県外のテレビ局が取材にきているとの事。余り長居をするのも悪いので、おだんごを買って、幾つか情報収集の為にお話しをお聞きしたところ、諏訪商店さんはなんと創業100周年!。創業100年とは驚きです。雫石の名門、地域に欠かせない生活インフラ的なお仕事を代々続けられ、米穀店の傍らおだんごを始めたのは7年前との事です。

 県内外の方へお勧めしたい『玄気だんご』は本店のほか、雫石の道の駅でも販売されています。道の駅では、玄気だんごの他、諏訪社長のご親戚がつくっている『おふかし』も販売されており、これもおすすめです。

 雫石はワールドカップが開かれたスキー場があり、最高の雪質で腕前が数段上がった気持ちになれる超パウダースノーのゲレンデ、夏はゴルフも楽しめます。プリンスホテルがあります。小岩井農場も直ぐ近く、大自然が満喫できる最高の場所です。

スキー教室で娘を連れて雫石スキー場へ何年も週末かよいました。上級者からファミリーまで楽しめるスキー場です。近くには網張スキー場があり、ここは中級者以上にお勧めです。

さて、お蕎麦を食べに向かった雫石ですが、折角買ったおだんご6本がすぐに食べたくなりました。雫石と紫波は隣町、遠いようで実は近いのです。まだまだ次の予定迄時間があったので、自宅へ戻って写メしたあと早速頂きました。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20220112095635j:plain

☝諏訪商店さんは、米穀、エネルギー、設備機器...町の総合商社です。

諏訪商店さま、玄気だんごおいしかったです!

ごちそうさまでした!

諏訪商店さまご住所:雫石町上町北82-1

⇩ホームページ⇩

www.suwashouten.jp

 

⇩道の駅雫石あねっこホームページ⇩

www.anekko.co.jp

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。