🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

梅月堂さま:おはぎ

   にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 

朝ドラにでてくるような…おはぎ

 梅月堂さんにておはぎを買ってきました。ツヤツヤの餡は小豆の色が鮮やかで見るからに美味しそうです。中のもち米の柔らかさ、潰し加減と程よい砂糖の甘味、全てがお気に入りの味です。もっちりしたモチ米の食感ですが、口の中に入るとホロホロ崩れるように流れていきます。食べたことはありませんが、高級すし店の一流職人のお仕事もこんな感じなのかもしれませんね。毎朝NHKのカムカムエブリバディをみていると、朝からおはぎが食べたくなってきます。テレビに出てくるおはぎと梅月堂さんのおはぎは色も形も大きさも似ているフォルムです。ご近所さまのみならず、県内の遠くからお菓子を買い求めに来るファンがとても多いお店です。朝ドラをみて若い和菓子ファンがもっと増えればいいですねって女将さんと立ち話、お店の雰囲気と女将さんの心優しさというスパイスがおはぎをもっと美味しく感じさせてくれます。もしかして、梅月堂さまも、毎朝『おいしゅうなぁれ~・おいしゅうなぁれ~』って語り掛けながらお菓子を作っているかもしれません。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20211215095842j:plain

☝ツヤツヤピカピカで見ているだけでウットリします。

 

NHK朝ドラ『たちばな』のような雰囲気

 昔の町屋のような造りである梅月堂さん、店舗内も懐かしい雰囲気です。商品こそディスプレーという感じがとても好きです。古いけど、とても清潔感のあるショーケースの中に美しく整列したお菓子を見ているだけで嬉しくなってきます。朝ドラに出てくる『たちばな』と共通の趣があります。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20211215102953j:plain

☝扉の枠が木製です。店内は清潔感がありシンプルです。

梅月堂さま、おはぎ美味しゅうございました!

ごちそうさまでした!

梅月堂さまご住所:盛岡市本町通1-9-40

 

朝ドラの展開が…

 『おいしゅう~なぁれ~・おいしゅうなぁれ~』小豆を炊く時の合言葉。朝からほっこりします。先の展開は和菓子店『たちばな』三代に渡る娘さんの物語だとか…。この先どんな展開になっていくのでしょうか?。そろそろ安子の章が終わりだと思います。るいちゃんは、和菓子屋を継いでどんなお婿さんをもらうのでしょう?もしかして身に着けた英語を使って海外へ販路を広げていくのかもしれませんね。勇と安子の結婚は和菓子屋三代に渡る物語なので無いとおもいますが、勇に思いを寄せる雪枝さんの今後も気になるところです。余り悲しいお話しになっていくのは僕の性格上耐えられませんので、楽しく元気な内容が中心のドラマであってほしいです。

 

www.nhk.or.jp

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。