🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

柳屋さま:駒ケ岳

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ   

サクッ!パリン!という爽快感

今日は和菓子屋さんの洋菓子です。

以前お伺いさせて頂いた柳屋さんの『駒ヶ岳』というクッキーです。みっちりスライスアーモンドをまとった薄い小麦生地、ふんわり卵の香り…。サクッとしていてパリン!とした食感が良いです。耳と頭蓋骨に響く心地よい余韻が良いですね!甘さは余り感じずアーモンドの美味しさが引き立っています。『水沢銘菓・駒ヶ岳』奥州市のホームページにも紹介されています。このお菓子、他のお菓子を購入させて頂いたときに、『これ人気です💖』と頂戴したお菓子なのです。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210226172344j:plain

☝これでウイスキー飲んでいる金曜日の夜なのです。

 

駒ケ岳のプチ情報

 岩手の駒ケ岳…名前は知っているけどどんな形をしているか今日の今日まで知らなかった。柳屋さまのお菓子を食べて55歳にして調べてみた。ふむふむ…なかなか素晴らしいところですね。山登りの趣味は残念ながらないのですが、遠くから素敵なフォルムを拝ませていただこうと思いました。今日で形を認識しましたので次回欧州市水沢に行く時が楽しみです。登山が好きな方には是非山頂の駒形神社を訪ねて欲しいです。夏油高原スキー場は何度か行った事があり、カバー付きのリフトのおかげで雪に打たれることなく上まで連れてってくれます。サラサラの雪で気持ちがいいですよ。

金ケ崎町と北上市の境に位置し、胆沢平野から西に峰を重ねる焼石連邦、その北端に位置する駒ヶ岳は昔から信仰の山として知られ、頂上には駒形神社奥宮がまつられている。山開きの行事はないが雪の残る5月初旬から紅葉の11月初旬が一般的なシーズン。様々な植物が生息しており、見事な新緑のブナ林、カラマツ植林地、タムシバ、ムラサキヤシオ、シラネアオイ、カタクリなどの高山植物が登山者を楽しませてくれる。山頂の眺望は素晴らしく、北には遠く岩手山や和賀地域の山々が見え、夏油高原スキー場、牛形山や経塚山などの焼石連峰、早池峰山まで360度のパノラマが広がる。登りの所要時間は約1時間50分。(岩手の旅より)⇩

 

iwatetabi.jp

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210226172409j:plain

☝パッケージの裏に駒ヶ岳連峰の山々の印刷がありました。

 

柳屋さんまたお伺いします

 とても仲の良いご主人さまと女将さんです!またお邪魔したいなぁ~という気持ちにさせてくれます。今度は洋菓子を買って兄の職場へ差し入れしたいと思います。水沢には素敵な和菓子屋さんがたくさんありました。

 高見だんごさん、後藤屋さん、大正堂さん、そして柳屋さん。他にもたくさん…水沢探検まだまだ続きそうです。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210226183254j:plain

☝羨ましい夫婦仲です!

 

柳屋さま、水沢銘菓駒ヶ岳美味しかったです。

ごちそうさまでした!

柳屋さまご住所:奥州市水沢大畑小路50

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。