🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

関口屋様:胡桃ようかん

    にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

口どけの良い食感・黒糖と胡桃の旨味

 みてください!くるみがタップリ入っています。甘味のある胡桃が嬉しいです。羊羹の奥には黒糖のコクを感ます。関口屋様のくるみようかん、盛岡肴町の産直店『彩彩』で購入しました。スッと歯が入る絶妙な寒天の絶妙な弾力クルミの食感、黒糖の風味…素敵な配合だと思いました。お茶は不要、あと味スッキリのようかんでした。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210122184207j:plain

☝くるみの量は勿論、シャキンと角が立ちながらホロッと溶ける最高の技です。

 

ようかんの想い出

 祖父も父も商売人でお中元やお歳暮に沢山の羊羹を頂きました。50年くらい前、羊羹が戸棚に沢山入っていました。羊羹は昔から好きで美味しいのですが、中には舌に刺さる甘さの物は苦手でした。また妙に薬臭い後味が悪ものもありました。幼稚園の頃の事件、羊羹と機械を回すベルトに塗るワックスと色も形も良く似ていて、当時の職人さんがイタズラで5歳の僕にワックスをふざけて食べさせたことがあります。子どもなので『これは大人の味なのか?』と思って食べましたが、ケミカルな油が原因で数日間お腹をこわしてしまいました。今なら大問題ですが昔は笑い話です。その後、羊羹を食べる度に思い出す腹痛の記憶が蘇りました。今日関口屋さんの胡桃羊羹は、そんな幼少の頃のトラウマを忘れらせてくれたような気がします。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210122185635j:plain

☝見た目よりホロッと崩れるのは絶妙な寒天使いです。

 

関口屋様、胡桃ようかん美味しかったです!

ごちそうさまでした!

関口屋様ご住所:盛岡市新明町2-3

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。