🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

前澤菓子店さま:草もち

  にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ   

もち好き大満足の生地

 昨日に続き前澤菓子店さま。今日はよ草もち、肉厚な生地はヨモギの香りを強く感じさせてくれます。生地はモチモチしていて歯も舌もほっぺたの内側も!口の中にあるパーツ全てを喜ばせてくれます。鼻がら抜ける爽やかなよもぎの香り、甘さはお米の風味を引き立てるほんのり感。餡も小豆の色がきれいな紫色がかっています。モリモリ食べて最後は…『ふぅ~♪食べたぜぇ~♪』という体も脳も疲れを癒す美味しさでした。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210217170203j:plain

☝艶ん艶んの生地の輝きが良いですね!

 

ぷっくりしたフォルムに輝く澄んだ僕の瞳!

 お店の扉を開けると直ぐにケースがあります。『オイラを買ってくれー』とお菓子たちが自己アピールしています。どれも可愛いお菓子たち…目移りしてしまいますが、明日には固くなってしまう朝ナマ菓子、たくさん買うわけにはいきません。後ろ髪をひかれながら3個だけ購入草もちはその一つ…。これがなんと1個70円だなんて、御主人安すぎます。お店にお邪魔している間におばあちゃんが買いに来ました。今日は『○○と○○』ずっと昔から常連のお客様なのでしょう。そんな古くからの常連様の為にも価格を変えられないのでしょうね。盛岡市仙北町駅前、地域に無くてはならないお菓子屋さんです。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210217170220j:plain

☝ぷっくりしたお菓子、愛しい気持ちになります。

 

明治7年創業の老舗です

 明治7年仙北町に誕生した前澤菓子店様、昭和の初め駅前通りに移転されたとの事。店内にはたくさんの賞状が飾られていて、どれも権威ある団体からの表彰でした。ご子息様が前澤菓子店の暖簾を継がれるようです。洋菓子の技術もあり、お誕生日のキャラクターケーキも作られるとか...。和菓子の技術も洋菓子の技術も持たれる技は凄い事です。お孫さんもいらっしゃるとか...。お菓子の歴史は連綿と続きます。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210217171801j:plain

☝もちだんごのほか、上生やケーキ焼き菓子など、たくさんのお菓子があります。

 

前澤菓子店さま、草もち美味しかったです。

ごちそうさまでした!

 明日は御主人の優しい笑顔が登場…?

前澤菓子店さまご住所:盛岡市仙北2丁目2-19

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。