🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

ふるさとやさま:おちゃもち&最近のモロモロ

  にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ  

おちゃもち旨し!

ふるさとやさまのおちゃもち! くるみダレが炙られたところの香ばしさって美味しいですよね。大ぶりなお餅が三つ!パリッと焼かれた表面の胡桃ダレがなんとも言えません。鼻を近づけると胡桃ダレの芳しい香りが伝わって来ます。もっちり生地にこの風味は食欲を加速させます。ホカホカでも、冷めても美味しいおちゃもちです。

とろみ系とパリッと系があるお茶もち、好みはそれぞれですね。僕は欲張りなのでどっちも好きです。

おちゃもち…、岩手の食文化遺産に登録されないかなぁ~と思う今日この頃です。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210326172732j:plain

☝胡桃ダレが炙られたところが味のアクセントになっています。

 

ふるさとやさま

 いそべだんご・金ごまだんごと連続でご紹介させて頂きました。この日は久しぶりに行かせて頂きました。『あ、どうも~』顔を覚えて頂いているのが嬉しいです。少し前に盛岡タイムスに書いた切り抜きを店頭に貼って頂いていて有難いです。

 お茶もち買った時、わざわざケースから下のお団子の山を取り出して写真を撮らせて頂きました。ふるさとやさんは天昌寺でお店を初めて30年目との事です。数分間滞在している間に次から次とお客さんが途切れません。本当に街の大切な和菓子屋さんだという事がすぐにわかります。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210326172857j:plain

☝壮観なおちゃもちの山!見ているだけで美味しさが伝わります。

 

 

 

盛岡タイムス6回目のコラム

 先週掲載の予定でしたが、県の移動人事発表があり、白黒になるという事でしたので1週間遅らせて頂きました。食べ物はカラーでないと美味しさが伝わらないと思いました。前澤菓子店様は盛岡市仙北町駅前にある老舗の和菓子屋さんです。驚くほど低価格のお菓子、『えっ?お会計間違えていない?』と思うほどの安さです。後継者さんもいて前澤菓子店さまのお菓子はまだまだ続きます。今回ご紹介した『きんちゃく』中から黒蜜がとろ~んと出てくるのが最高です。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210326174013j:plain

☝仕事から少し離れて気づくお菓子の素晴らしさですね。

 

 嬉しい事…

 25日長女の卒業式でした。子どもの成長ってあっという間です。コロナの所為で卒業式へは出席できませんでしたが、夜に『おつかれさま』と電話しました。昔と違って今の大学生は本当に真面目で勉強している印象です。父さんは何もアドバイスできないけど震災をはじめ、コロナ迄経験している同世代の若者はきっと強く育っていると思うのです。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210327165341j:plain

 

☝良かった良かった…本当によかった。悪い虫がつかないように...。

 

今週はこんな感じで外に出ることが多くて、愛読しているはてなブログを読んで⭐をつけることが出来ませんでした。

 

ふるさとやさま、おちゃもち美味し方です。ついでに色々書かせて頂きました。

ごちそうさまでした!

ふるさとやさまご住所:盛岡市天昌寺3‐31

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。