🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

後藤屋さま:どらやき(あん&バター)

    にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 

バターのコクと塩味がたまらない!

 

 後藤屋さんのどら焼きの皮は、まるで高級ホテルのベットのようだ。柔らかさと絶妙な弾力を併せ持っています。その噛み応えは生地の素材の旨味を満遍なく口の中に広げてくれるのです。自家製の粒餡は豆の形が残り、小豆の香りと輝く艶のある赤みがあるのです。そしてほのかな塩味の『バター』が、餡の上にドンと載せられ、どら焼きの皮とつぶ餡をまろやかに包み込み美味しさを格段に引き上げていました。バターのほのかな塩味が何よりも良い仕事をいているのです。バター入りのどら焼きは、これ迄数多く食べてきましたが、間違いなく僕の中ではランキング1位だと思うのです。これが期間限定なんて勿体ない…。次の水沢は今月末、その時にお店にはあるのだろうか...。

 

☝あんとバターの比率が絶妙でした!

 

餡にバター?

 昔は餡とバターの組合せはありえないと思っていました。名古屋のあんバタ―サンドは食べずして『美味しくない』と決めつけていました。タモリの影響なのかもしれません。昔タモリはテレビやラジオで名古屋について良い情報を流しておらず、その話を少年~30代前半の僕は鵜呑みにしていました。仕事で名古屋へ行く用になり、お客さんから勧められたあんバタ―サンドを恐る恐る口にしたところ、餡とバターの相性の良さに驚きました。それから、あんバタ―に限らず名古屋飯には暫く嵌ってしまい、大手製パンメーカーさんへ上新粉(米の粉)を大量に取り扱って頂いた頃、毎月のように商社さんと名古屋飯を食べて歩きました。『ひつまむし』も当時はメジャーではなく、東京では成功しないと言われていた時代です。小さかった娘に餡バターサンドを食べさせたら喜んで食べてくれました。妻は『え~』って顔をしてひと口食べた後、『あら…美味しい』と気に入ってもらいました。その頃、岩手県でもチラホラ餡バターサンドが売り出されましたが、最初は名古屋のクオリティーにはとても及びませんでしたが、10年くらい年前にPascoが岩手にも進出し格段に美味しさがアップしたと思います。加えて大手コンビニが岩手でも拡大したのも良い影響を与えたと思うのです。

 さて、名古屋の銘店が出すあんバターサンドと、後藤屋さんのあんバターどら焼き…。ジャンルが違うので優劣をつけるべきではありませんが、パンやどら焼きの皮を除いた『あんバター』のみの比較で言えば、圧倒的に後藤屋さんのあんバターが美味しいです。何よりも『あん』のクオリティーが断然違うしバターの質も全然上です。たしか、後藤屋さんは餡だけでも小袋詰めして販売しているので、通販で入手可能かもしれません。ホームページを貼り付けますので一度ご覧ください。

☝焼き色も良いですね!ここまで焼けるのに何年修行すればいいのかな?

 

後藤屋さんの社長さん。マスクの下には歌舞伎俳優のようなシュッとした顔立ちです。

いつも街の和菓子屋さんに触れると、そのお店に憧れてしまいます。

☝イベントに合わせ朝早くからお菓子を作り自ら店頭に立って接客されています。

後藤屋さま、

どらやき(あん&バター)美味しかったです。

ごちそうさまでした!

 

japanese-confectionery-shop-575.business.site

 

後藤屋本店さま:奥州市水沢大町78

 

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ