🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

松田屋さま:どら焼き

   にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ  

ふっくら・しっとり…いい感じ!

 松田屋さんのどら焼きです。きれいなきつね色の焼き色は品の良さを感じます。二つに割った断面の生地はキメ細かい気泡が並んでいます。生地からふんわり卵の香り、食欲がそそられます。餡は柔らかく粒が感じられる程よい甘さで『すぅ~っと』喉の奥へと流れていく感じです。

 松田屋さんのどら焼きは余り日持ちをさせていません。美味しく作ってなるべく早く食べてもらいたいお気持ちだと思うのです。何代も続く盛岡の老舗松田屋さん。建物の雰囲気、ご主人様と奥様のお人柄、何を食べても『おおぉ~』と感じるお菓子の素晴らしさ。いつ行ってもステキなお店です。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210616093547j:plain

☝ふわんふわんの生地です

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210616094430j:plain

☝キメ細かい生地の断面、あんこはしっとり瑞々しい甘さ控えめでスルっと食べられます。

 

小さなご配慮が気持ち良い

 お店の雰囲気は勿論、お菓子を包む袋にもひと工夫です。

松田屋さんオリジナルのハンコとネコがキャラクターのシール。特にネコのシールは見ているだけで目元が緩みます。

 お菓子を狙っているネコは結局お菓子を食べられたのでしょうか?

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210616094241j:plain

☝猫さんが狙っているのは『いわての山なみ』というお菓子です。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210616094221j:plain

 ゴム印のお菓子は以前ご紹介させて頂いたことがある岩手の山なみです。

このお菓子上下反対にすると季節が変わります。新緑の山の季節と雪山の風景。凄く楽しめるアイディアです。

 

mainichi-mochidango.hatenadiary.com

 

松田屋菓子舗さま:どら焼き美味しかったです。

ごちそうさまでした!

松田屋さま:盛岡市南大通り3‐12-48

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩ポチっとね⇩⇩

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

 

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。