🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

関口屋菓子舗さま:そぼろあんぱん

 にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 

塩味が効いた餡、止まらない味

 塩味の効いた餡が食欲にスイッチを入れました。最初はホックリ直ぐにしっとり口の中でホロッと崩れスッと喉の奥へと流れて行く生地は感動ものです。綺麗に玉砂糖で全体を白くお化粧していますが、甘さを感じないのは菓子種と混っているためでしょうか?お茶無しで食べられる口どけの良さは流石関口屋さんです。もし机の上に箱で置いてあったら無意識に何個も食べていると思います。ドン!と尖った味の特徴はありませんが、うま味を刺激する細胞を優しく刺激つづける旨味の宝庫だと思います。

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210117131408j:plain

☝塩味の効いた餡が全体の美味しさの土台になっていると思います。1個108円お得です!

 

関口屋さんのお菓子

 おちゃもちやおだんごは勿論、チーズなども使ったお菓子もある関口屋さんです。盛岡駄菓子の種類は一体何個あるのだろう?と思うくらい豊富です。そぼろあんパンは今日初めて食べました。昔からあったのかもしれませんが知らなかったお菓子です。もしかして味噌パンと一緒か?と早合点して買わなかったのかも…。まだまだ奥が深い関口屋さん。この日は肴町商店街の産直彩彩で購入しましたが、関口屋さんはここから歩いて5分くらいです。今度関口屋さん盛岡駄菓子特集をしたいと思います。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20210117131432j:plain

☝雪景色を想像させるお菓子でとても綺麗です。

 

関口屋菓子舗さま

 明治26年創業の老舗です。添加物を使用せず素材を吟味し素材の調和にてたんきり、みそぱん、焼酎糖などなどの盛岡駄菓子を現在に伝えています。お茶もちや醬油だんごもファンが多く、朝イチで行かないと売り切れてしまいます。ブログを初めた頃お伺いした時には『もっちーず』というお菓子を食べました。伝統を守り新しい挑戦を続ける関口屋さんはとても素敵なお店です。

 

f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200515111722j:plain

☝今年の春ごろお伺いした時の写真。雰囲気のある店構えがすきです。

 

関口屋菓子舗さま、そぼろあんぱん美味しかったです。

ごちそうさまでした!

関口屋菓子舗さまご住所:盛岡市新明町2-3

いろんな和菓子のブログが楽しめます

👀のぞいてってください👀

⇩⇩⇩⇩⇩


和菓子ランキング

👀のぞいてってください👀

⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村

  f:id:daifuku-siwa-hanamaki:20200528113714g:plain 

⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。

⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。

 

 

⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀作です。さて、アンちゃんの恋の行方は如何に…?

前作『和菓子のアン』『アンと青春』 主人公アンちゃんの成長がワクワクします。

    

 

⇩⇩⭐⭐⭐⭐⭐⇩⇩