🍵大福だんごお菓子な毎日🍵

町にある大福だんご店を応援!地方の素晴らしき餅だんごの世界をお楽しみください

盛岡銘菓

お茶もち…?じゅうねんもちです!

『じゅうねんもち』というお菓子です 盛岡だんご結庵さん。ショーケースにはいつものように美味しそうな大福やお団子が並んでいます。その中に岩手人のソウルフードである『お茶もち』か?と思ったら『じゅうねんんもち』と書いている餅菓子をみつけました。…

錦玉...ニシキダマ??…きんぎょく と読みます。

目で楽しみ舌で味わう心やすらぐ涼菓です 錦玉・撫子という竹芳さんの涼菓。ちょうどよい柔らかさの青えんどう豆、撫子をかたどった花びら…多くの工程を経てこの美しい涼菓は出来上がります。口の中でスッととけて消える程よい甘味、豆の風味が寒天の中から…

水ようかんの季節がやってきた~(^^♪

舌の上に少しとどめて…じわり...と食べる ひんやり冷蔵庫で冷やして→カパッと蓋を開ける→スプーンをパスっと入れる…。良く冷えた透明感のある小豆色の固まりがポコッとスプーンの上にのっかり、涼しげな断面が顔をだします。気分は高揚し視覚を通じてが溢れ…

ほわん♡ほわん♡の皮です!

限られた素材でつくるから価値と美味しさがある どら焼きが苦手…という人に是非食べてもらいたい松田屋さんのどら焼き。 シンプルな最小限の原材料だからこそ、素材の美味しさと作り手の腕が試されます。 モサモサしたところがないふわふわでほわんほわんの…

ういろうに包まれているなんて...

造り菓子 竹芳 【さつき】 ういろうだけでも十分美味しいのに中に白あんが包まれているなんて...。さらにきれいなカタチに作られ淡い黄色にお化粧されている。食べるのがモッタイナイ。暫く鑑賞してから食べました。生地と餡の境目が感じられない優しさ...知…

盛岡駄菓子たんきり・焼酎糖って何?

たのしい美味しい盛岡駄菓子 焼酎糖…口に入れると『ふわ~っ』と広がる焼酎の味、薄い飴に包まれた焼酎はお砂糖とまじりあい口の中に懐かしさという美味しさが広がります。日中に食べたい焼酎糖ですが、これはお酒です。おうちでゆっくりくつろいでいる時に…

挑戦の連続が老舗をつくるんだなぁ~

盛岡駄菓子の老舗がつくる大福『もっちーず』 盛岡駄菓子と言えば『関口屋菓子舗』さま。たんきり・焼酎糖・ごまねじり…。どれもおすすめの盛岡菓子です。『もっちーず』はチーズ大福。ホームページにもネット検索しても探せない本店だけの製品…? 乳製品と…

やまぶどうの風味が清々しいのです!

翁の飴(おきなのあめ) 一般的に葡萄飴と呼ばれています。山ぶどう果汁に水あめ・砂糖・寒天で作られています。食感はグミのようですが、グミほど弾力は無く歯切れがよいです。 葡萄の酸味がとてもさわやかなお菓子です。 『またアレ買ってきて...ブドウの…